ワイヤーブラシを使う

   

■ワイヤーブラシの種類

下水管や台所の排水管等に用いられる5m〜のワイヤー長のものから1m前後のものまであります。 左の商品は手元にストッパーがついており、手でするすると送り出すタイプ、右の商品はハンドル式でクルクル回して抜き差しするタイプです。

■選択のポイント

・ワイヤー長は3m以下で手回し式が使いやすいと思います。
・先端はブラシやトグロを巻いた鋼線のタイプがあり、用途に応じて付け替えれるものもあります。
ワイヤーはパイプの中を進む為、あまり細いと中でトグロを巻き、排水路を傷つけてしまう可能性があります。そうなるとそこに汚物や紙が詰まり易くなります。
ラバーカップ真空ポンプに比べ、手軽さや使用後の作業の手間を考えると、あまりオススメはできません。

■ワイヤーブラシを使う為の手順

1)ごみ袋を二つ折りにして、ハサミで穴を開けます。袋はなるべく透明の方がこの後の作業がしやすいと思います。


2)汚水が便器一杯にたまって排水口が見えない場合は、あらかじめバケツなどで取り除いて下さい。



3)袋の穴からワイヤーの先端を通し、袋を便器にテープで止めます。
あとは、手元でスルスルと詰まりの元まで送って下さい。対象物を『引っ掛ける』もしくは 『崩す』のが狙いです。

4)一旦水が引いたら排水レバーの”小”か、バケツから水をじわじわ流して下さい。すぐに水が流れるようであれば、詰まりは直っているでしょう。何回も確認をして下さい。

■こんな商品があります(楽天市場にリンクしております)

   


SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO